マイクロスコープを見ている女性

信頼される技術

日本は様々な技術面において、世界から数多くの注目を集めています。特に町工場などの中小企業は緻密で繊細な製品づくりで人気で、加工に関しても技術の高さが話題となっています。

安全を守る試験

製品を製造販売するにあたり、その安全をはかるために行われるのが疲労試験です。この試験を行わなければ安全性が保証できず、重大な事故が起こってしまう心配があるのです。

強度のテスト

金属の欠損は時間経過による疲労が原因である場合がほとんどです。金属がどのように披露していくのかを解析する疲労試験は、専門業者に依頼して行われるのが一般的となっています。

疲労試験の依頼

疲労試験のやり方について

疲労試験のやり方を選ぶときには、自社の製品状況などを考慮して決める必要があります。自社が大量に製品を生産する場合には、外部業者への委託が必要となります。疲労試験を自社内で行おうとしても、大量な製品ですからなかなか追いつかないことがあるのです。疲労試験にそれだけのソースをかけるのであれば、生産部門に多大なコストをかけたほうが効率的に生産が行えるのです。そのことを理解して、疲労試験のやり方を選択するようにしてください。疲労試験の費用は、どのような事をテストするのかによっても大きく変わってきますので外部業者に必ず確認するようにしてください。疲労試験を依頼する製品のロット数によっても試験単価は変わってきます。

試験を行うことのメリットについて

外部業者に委託して疲労試験を行うことができなかった時代には、社内での品質管理が非常に難しいと言う側面がありました。自社内で自社製品の品質を担保できないと言う事は、信頼性の向上にはつながらないのです。しかしながら少なくとも製品の安全性については試験を行わなければなりません。ですから、自社内の乏しいノウハウを使って安全性をテストしていました。そこで誕生した疲労試験の業者に委託すれば、様々な専門ノウハウを持っていますので、あらゆる方面から安全性を担保してくれることになるのです。それまで、自社内の乏しいノウハウで行っていたテストも、専門性のあるやり方で試験を行うのでより高い信頼性を獲得することが可能となったのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加